Google Notebookへのお別れ

      2012/04/05  - サービス移行

米Googleオフィシャルブログで9/2にアナウンスがあった、Googleの「大掃除」もとい、まとめてサービス終了アナウンス記事。公式にも「秋の掃除(A fall spring-clean)」と題しており、Googleがウェブを運営している時代として、ひとつの区切りを感じさせた。個人的には2011年にGoogleが発したニュースのなかで、SNSの「Google+」に次ぐ大きな動きだと思っている。

あわせて10個のウェブサービスの終了になるのだが、物寂しいのが「Google Notebook」である。現在のアカウント情報などはすべてGoogleDOCに統合されるというアナウンスになってはいるが、DOCとは切り離されて運用されていたこのいわゆるメモ帳が、実は私は多用していたのだ。

理由は2つあった。スマートフォンを持たないので、Evernoteが使いづらいということ、GoogleDocが動作が重く、気軽に切り貼りできないことの2点だ。「Google Notebook」はとても個人的に使いやすかったというわけである。

たしかにDOCとNoteBookは、重複しているかもしれないが、ユーザーが使いやすい方を選ぶことができる、というバリエーションも実は世界規模の企業には必要なのではないだろうか。なんでも統合していくお化けのようなGoogleであるのに、バリエーションを殺していくようなことをしていると、いつか首を絞めていくような気がしてならない。

ともかく、世話になったよ「Google Notebook」。いい加減時代に則してスマートフォンにしてEverNoteにしても怒らないでくれよ。すべては遅かれ早かれ淘汰されていくものなのだから。

http://googleblog.blogspot.com/2011/09/fall-spring-clean.html

[PR]

 - サービス移行