新シバガスが試買調査で発見!【危険ドラッグ】

指定薬物「新シバガス」

     - 危険ドラッグ, 時事

新シバガスが試買調査で発見!【危険ドラッグ】

新シバガスは気体の性状で、亜酸化窒素が検出されています。この亜酸化窒素は発表によると、平成28年2月28日から、医薬品医療機器等法に規定する指定薬物に含まれており、製造、輸入、販売はもとより、「所持、譲り受け、使用」も厳しく規制されています。

都では、危険ドラッグによる健康被害の発生を未然に防止するため、危険ドラッグの「試
買調査」を実施し、試験検査を行っています。
今般、インターネットの販売サイトから入手した下記物品の試験検査を行ったところ、
「亜酸化窒素」が検出されました。
当該品には、人体摂取する旨の表示はありませんが、販売サイトの表示には『多幸感が
得られるため別名笑気ガス「Laughing gas」とも呼ばれる』等と当該品を人体摂取するこ
とを暗示する表現があります。
人体摂取を標榜し、身体の構造機能に影響を及ぼすことを目的としているものは医薬品
とみなされ、承認を受けずにこれらのものを製造販売することは、「医薬品、医療機器等の
品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(以下「医薬品医療機器等法」という。)で
禁止されています。
また、「亜酸化窒素」は平成28年2月28日から医薬品医療機器等法の指定薬物に指定
され、正当な理由なく所持、使用等することは厳しく規制されています。
なお、これまでに当該品による健康被害発生の報告は受けておりません。

亜酸化窒素の含まれてる物質が堂々(?)とネットで通販されているんですね。(冒頭の画像はイメージ)

指定薬物

指定薬物というのは

中枢神経系への作用を有する蓋然性が高く、人の身体に使用された場合に保健衛生上の危害が発生するおそれのある物として、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(昭和35年法律第145号)第76条の4に基づき、医療等の用途以外に供するための製造、輸入、販売、所持、使用等を禁止している。

関連

[PR]

 - 危険ドラッグ, 時事